KIOXIA (東芝)の SATA SSD を買った。

気分で KIOXIA(東芝・キオクシア・ OCZ )の SSD を買いました。

サブの P さんには、

10年前ぐらいに買ったクルーシャルの SSD を使っていたんですが、

ノリで変えることにしました。

MLC なのでセキュアイレースをすれば、まだまだ使えると思います。

今の時代に PC ないし PC パーツを変えるというのは、

故障よりも「性能に不満があるか」だと思います^ー^

キオクシア(東芝)のEXCERIA(エクセリア)は、

I/O 速度も SATA 規格の上限まで出ていそうだし、

国産かつ3年保証もあるので安心できそうです。

いまどき、システムは2.5インチに拘る必要はなく、

M.2 な気がします。

SATA を M.2 のアダプタを使って変換すればいいような気がします。

1TB とかの SSD は、

一般家庭であっても、データ用途に使われていくんじゃないですかね。

製造が東芝で、販売はメルコになっています。

驚いたのは、封筒に入ったSSDがポストに投函されていたところです。

これが、2022年だと思うと、ヤバいなと思いました。

キオクシアの SSD に、 OS をインストールすることにしました。

フリーソフト・ rufus を使って、

UEFI でインストールできる、USBメモリを作成します。

基本ソフト・Windows11 はマイクロソフトのホームページからダウンロードできます。

Rufus - 起動可能なUSBドライブを簡単に作成できます
Rufus: Create bootable USB drives the easy way
https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

ルーファスを使うと、Windows11 のインストール要件にそぐわない構成であっても強引にインストールできます。

また、インストールの形式をカスタマイズできます。

「 Remove requirement for 4GB+ RAM, Secure Boot TPM 2.0 」「Disable data collection( Skip privacy Questions )」の2つにチェックを入れておくといいです。

下記の2つは「ローカルアカウントをコピーできる機能」と「リージョンを使用している端末と同一にするもの」です。

ローカルアカウント(ユーザー)をコピーするのは、

ホームユースなら支障がでそうです。

ヤフオクなどで売るために、大量のインストールをする場合には便利でしょうけど……。

地域の設定は毎回えらべば良くねえか? と思います。

なんか、日本以外になりそうですし……。

 

Windows11 のシステム要件外でインストールする場合には、

「 Shift + F10 」を押下して「 regedit 」を入力し、

「 HKEY_LOCAL_MACHINE 」から「 SYSTEM 」をたどり、

「 Setup 」の項目で「 LabConfig 」を作成した後、

「 BypassTPMCheck 」などをレジストリに作成する必要がありました。

しかし、ルーファスのインストールカスタマイズ機能なら事前にできてしまいます^ー^

便利ですね。

Windows11 のライセンスがねえじゃねえかと思われるかもしれませんが、

Windows10 のプロダクトキーが使えます。

購入したSSD は 480GB でしたので、パーティションを切りました。

Cドライブを 256GB に分割するには「 263000 」と入力するといいです。

本当は、パーテーションなんてやりたくないんですけどね^ー^

インターネットに接続していない状態なら、

Windows11 であっても、ローカルアカウントを作成できます。

ここで、空中配線されたエクセリアを見てください。

裏配線はもうやらないと思います^ー^

Windows11 の右クリックメニューを従来のメニューに戻す方法

Windows key + R で cmd から、

reg.exe add "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InprocServer32" /f /ve

と入力します。

再起動すれば、Windows10 の右クリックメニューになります。

リボンも Windows10 のものにしたい場合は、

reg.exe add "HKCU\Software\Classes\CLSID\{d93ed569-3b3e-4bff-8355-3c44f6a52bb5}\InprocServer32" /f /ve

と入力します。

インストール完了

第4世代の CPU である i7 4790S に Windows 11 が UEFI でインストールできました。

もちろん、更新プログラム( Windows Update )も享受できる状態です。

思うに、組み立てパソコン(自作 PC )というのは、

貧乏人のホビーですね^ー^

KIOXIA SSD Utility
SSD Utility マネージメントソフトウェア | KIOXIA - Japan (日本語)

SSD Utility を使うと「健康状態」を把握できたり、

オーパープロビジョニングができたり、

セキュアイレースなどができたりするらしいです。

一説によると、オーバープロビジョニングは、

ストレージの容量の半分ていどで使うと良いらしいです。

オーバープロビジョニングした SSD をレイド1で使い、

片方の SSD を気分でセキュアイレースをしていくのが良い使いかたとされていますね。

オレっちは70ギガ程度、オーバープロビジョニングにあてました。

480GB の SSD ( SSD-CK480S/N )にしましたが、

コストパフォーマンスで考えると、1TB 以上がいいでしょう。

適当なファイルだけでなく、仮想マシン( VM )の用途に良いと思います。

まあ、TLC ですけどね。

タイトルとURLをコピーしました