ケーブルの汚れを落とす方法

今回はケーブルの汚れの落とし方です。

無水エタノールをティッシュペーパーにふくませ、

汚れた部分を拭くと汚れが落ちます。

無水エタノールでなくアルコールでも汚れは落ちます。

溶剤で溶かしているだけですかね^ー^

しかし、アルコールだとABS樹脂やプラスチックが溶ける場合があるので、

無水エタノールをオススメします。

「庶務課」と書かれた延長コードがあります。

なんで家にあるのでしょうか。

不思議ですね^ー^

コードの皮膜が汚れていたり、ベタついたりしたら、

まずは無水エタノールで掃除をするといいです。

試しに、庶務課の延長コードの汚れを落としてみます。

写真のように汚れが落ちます。

「汚れを落としているのか」「ケーブルの皮膜の表面を溶かしているのか」はわかりませんけど^ー^

白色のケーブルの汚れを払拭するのにもいいですね。

イヤホンのケーブルや充電ケーブルなどの汚れを落とすときにも、この方法は有効です。

界面活性剤の G510 でも汚れは落ちます。

こちらは値が張るので、無水エタノールで事足りますが^ー^

無水エタノールは、色々な掃除に使えるので家庭に1本あるといいでしょう。

メルカリなどのフリマサイトに出品をするときでも製品や商品の掃除に使えます。

いちおうリンクは貼っておきますが、

マツモトキヨシで買ったほうが安いです。

タイトルとURLをコピーしました