ミュウツーの逆襲 – 小室奎のブログ

ミュウツーの逆襲

Q:サトシくんが石になったときポコモンたちが泣いたのは何故か?

A:自分のレゾンデートル(存在理由)がわからなくなったから。

ミューツーはアイデンティティ・クライシスに陥っている。

自分が世界に存在する理由がわからず、人類に対し、己に対し、「逆襲」するのだ。

ときとして、私たちも「なぜ産まれてきたのか」「産まれてきたくて産まれてきたわけではない」といった強い葛藤にさいなやまされる。

ゴーギャンではないが、「我々はどこから来たのか。我々は何者か。我々はどこへ行くのか」である。

それでも、そんなことは考えることは全て無駄で、産まれてきたからには生きるしかないといっている。

カスミ嬢の「さあ、いるんだからいるんでしょうね」は、産まれてきた意味……ひいては存在理由への解なのである。

近年こどおじに、なろうが流行っている。

そう、彼らはミュウツーなのだ。

ちなみに俺っちは「子供部屋出禁おじさん」なんで^ー^

※なろう……コミカライズまでの流れができているKADOKAWAが好きなジャンル。

 

タイトルとURLをコピーしました