螢子 

陰湿な田舎・天戸島が舞台です。

ジャンルは伝奇だと思われます。

ヒロインは幼少の頃の記憶がないです。

本名は杵築螢子といいます。

中2病くさいやつが家主です。

不気味な田舎の全貌が明らかになっていきます。

主人公を邪険に扱う村人。

辛辣な田舎人。

選択肢がなんとも言えませんな。

「田舎というものはこういうものなのだろうか」

なかなかに考えさせられます。

主人公にからんでくるキャラ。

都会に疲れて島にやってきた菱原 涼 嬢です。

消費税を知らないのもどこか変です。

殺されそうになります。

陰湿な村人の正体は魔物でした。

死ぬ道を選びます。

村から抜け出した主人公らは、交差点で死んだはずの螢子を見ます。

レイステング事件とはなんでしょう。

雑踏で死んだはずの螢子が「タダイマ……」とつぶやきます。

ホラーですね。

トゥルーエンドでは、島から抜け出し一緒に暮らそうという終わり方です。

まだ色々なルート(編)がありますが、既読スキップも出来ないので、どこを読んだのかわからないです。

正直めんどくさいですね。

徹夜でプレイすると面白いエロゲだと思いますが、数日経ったり、

毎日プレイして進めていくとなると飽きると思います。

作品の世界観は、田舎を体現しており、まさに、“鄙”です。

村人が人間でないというのも、どこか現実味があります。

俺っちは、『顔のない月』の方が好きですね。

タイトルとURLをコピーしました