昔ながらの中華そばを再現する。

昔ながらの中華そばというのは、醤油ベースの煮干しラーメンだ。

今回はこれを実現するわけだが、

俺っちは、DIY する前から勝利を確信していた。

現代の女子高生が1分ほどスマートフォンを操れば、10年前のキモオタを倒せるデータを得られる時代だ。

昭和の老害が深いことを考えて生きているはずがない。

ならば、自ずと正解に辿り着く。

おそらく、業務用の醤油スープと煮干しを混ぜているだけではないか、と。

つくりかたは簡単だ。

煮干しでダシをとって市販の適当な業務用の醤油ラーメンスープと混ぜるだけである。

麺と合わせても100円程度で実現できる。

【レシピ】

  • 業務用の適当な醤油スープ
  • 適当な煮干し
  • 生中華麺

煮干しで和風ダシを取る。

沸騰した後、醤油スープと混ぜる。

麺を入れて完成である。

煮干しだけで味噌汁をつくると物足りなさを感じるだろう。

「ほんだし」をいれるだけで、グッと旨味が増す。

生のダシに化学調味料を入れるのが、勝利の方程式であるからだ。

今回は、にぼしを使ったが煮干し粉でも構わない。

ラーメンスープ一覧 | 製品情報 | 創味食品
創味食品の業務用がらラーメンスープのご紹介です

 

タイトルとURLをコピーしました