バルホルスカップ マスター到達デッキ

悪魔が生んだ狂気のアプリ・デュエプレをアンインストールして、

平穏な毎日を送っていました。

デスフェニックスが出てから辞めようかと思い、

もう一度、戦場に赴くことになりました。

マスター到達は主に3つのデッキを使いわけました。

除去ボルバルや天門ボルバルはプレイングが関係ないので、

俺っちもプレイングが関与しないデッキを使いました。

まず、先月のドルゲーザーカップでレート1600を超えた赤単です。

8連勝するときもありました。

続いて、青緑のブリザードです。

最近のマスター帯では、ドラゴンをみるのと赤緑速攻が流行っている気がするので、

スライダー入りでもいいかもしれません。

そして、青赤リーフですね。

最近の天門ボルバルが洗練されてきているので、

マリンスクランブルがいらない気がするけど^ー^

レート1540ぐらいまでいきました。

プラ2からマスターまでは勝率7割前後ぐらいだと思います。

マジでサービス終了すればいいと思う、このアプリ^ー^

マスターのトスについて

プラチナとマスターは戦っても、マスター側のレートは1も増えません。

しかし、プラチナは星が1つ減ってしまうわけですね^ー^

つまり、マスターは時間の無駄でしかなく、

嫌がらせの目的か、あるいは連勝数を気にしているのでしょうか。

ちなみにオレっちは、いかなる場合でも降参しています。

しかし、オレっちが戦うマスターは誰一人として降参してくれません^ー^

現実は厳しい^ー^

タイトルとURLをコピーしました