松屋で豚汁のみを頼む。

「豚汁変更(とんじる変更)」を選ぶことにより、

値段にして190円で豚汁だけを注文できる。

「豚汁変更」はサイドメニューの項目にある。

松屋に豚汁というメニューはない。

あるのは「豚汁変更」である。

また、テイクアウトもできる。

昔は300円を切る価格で牛丼を食べられた記憶がある。

その後「プレミアム牛めし」が380円ぐらいで登場した。

牛丼と「プレミアム牛めし」の差異というのは、

冷凍を解凍したものか、店舗で茹でてつくっているかだった気がする。

マッツァー(松屋の愛好家)は、

卓上調味料で好きな味に牛めしをカスタマイズしていた。

牛丼そのものの、味を楽しむなら吉野家という立ち位置だった。

現在、松屋で最強のメニューは豚汁を単品でオーダーすることだ。

たまに100円のときもあるが、基本的には190円で松屋の豚汁を食べられる。

具材はネギや豆腐、ニンジン、ゴボウ、豚肉、コンニャク、レンコン、サトイモといった、ありふれたものだ。

グルエースを基調とした出汁が心に沁みる。

これは、ありし日の憧憬といっていい。

200数円で食べられた牛丼を想起しつつも、豚汁変更をすする。

「一汁三菜」という言葉があるようだが、一汁のみで十分だ。

調子にのって併せて「牛めし」を注文すると500円近くになってしまう^ー^

なので「豚汁変更」に加えて「ミニ牛皿」ぐらいにとどめておくのがオススメだ。

タイトルとURLをコピーしました