「遊戯王」の楽しさ

遊戯王をプレイしたひとは皆、遊戯王はつまらないと言いますね^ー^

俺っちも遊戯王はつまらないと思います。

カードゲームというのは、才能もそうですが「練習」が必要です。

ルールやプレイングの知識を深めたり、カードの効果を知ったりするというのも重要ですが、

いちばんはカードの動かしかたですね。

誰しもが遊戯王を練習した末に、つまらないと結論するのです。

まあ、今季はエルドかふわんのどちらかのデッキを使うといいでしょう。

昨今の遊戯王は、誘発即時効果(スペルスピード2)の打ち合いになるのでつまらないです。

ある人が「遊戯王は、スリーブを入れているときが一番おもしろい」と言っていました。

俺っちは ADS しかやらないので「スリーブを入れる時間とか無駄じゃね? 非効率じゃね?」と思いつつも黙って聴いていました。

彼曰く「遊戯王は、いわば作品なんですよ。デッキを作っているときが一番たのしいですね」と。

また「カードを眺めるのが楽しい」ともいうのです。

ふと、カードの効果では破壊されないアークネメシス・プロートスにビートされて腹が立ったことを思い出しました。

あいつの顔面を眺めていると、さぞかしイライラするでしょうね^ー^

俺っちは口のしまりが悪いので「それなら、jpeg などのデータで良いのでは?」といいました。

「データ( ADS )だと戦いたくなってしまいますからね^ー^」と、たしなめられたのです。

そのとき、紙のカードでの対戦や ADS での戦いが走馬灯のように脳裏を駆け巡りました。

遊戯王というのは戦うからつまらない……、最適解といっていいでしょう。

深遠なる遊戯王の一端に触れた気がしました。

それはまるで、

剣の達人が剣を持たなくなるように、囲碁の達人がプロを辞めるように……、

……雲のように風のように。

傍から見ると、上級者や玄人は初心者と同じように見えるでしょう。

これは、あらゆる分野でそうだといえます。

まあ、遊戯王はつまらないと思うけど^ー^

タイトルとURLをコピーしました