MDR-EX155 レビュー – 小室奎のブログ

MDR-EX155 レビュー

知り合いの業者が良いと言っていたので気になっていました。

インプレッションとしてはフルートの音が刺さります。

シンバルの音が不自然ですが、いいですね。

ケーブルはエナメル線で金メッキの 3.5mm ステレオミニプラグが使われています。

一般的な仕様のイヤホンですが、

ダイナミック・ドライバーにCCAWを採用していて値段の割に音質がいいと評価しておきます。

手を加えていない箱出しのデフォルトだと、ソニーらしい低音なので、

改造という大げさなものではありませんが、スマホのSIMを変えるときによく使うゼムクリップの先端などで、

ノズルの紙を取り除き、コットンやスポンジ等を音響フィルターの代わりにするといいでしょう。

保証が1年あるので、雑に使えるのもいいですね。

インターネットではなく、店頭で購入すると保証の手続きがスムーズに行えます。

パッケージが筒状で持ちやすいのも、デザインセンスが感じられますね。

ボイスコイルが熱を帯びて焼き切れるぐらいの音量で、ピンクノイズを流してやろうかと思いましたが辞めました。

ドンドンうるさい気がしますが、低価格帯のダイナミック・ドライバー(DD)を搭載したイヤホンとしては良い機種ですよ。

MDR-EX150とMDR-EX155の違いは、EX155の方が低音にクセがありますね。

まぁ、どっちでもいいです。

同価格帯の中華イヤホンを買うより良いので、

中高校生の方は家から学校までの登校とかのユースにどうでしょうか。

SONY MDR-EX155 は、1100円程度で安く買えるイヤホンとして、

コストパフォーマンスの観点からみても最強といえ、

また、音質の観点から見ても1100円前後のイヤホンに限れば最強です。

Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ を使えばアイフォーンで使用できます。

MDR-EX155APは、スマホで使う際に便利な通話ができるマイクとリモコンが付いています。

社会人や大学生は、PC, Mac での使用に1台と外出用にもう1台あると便利でしょう。

※フィルターの紙を取り、良い塩梅にスポンジを入れると、こもりが払拭され、音質が向上します。

SONY MDR-EX155

MDR-EX155

DJの意見

キモオタ媒体での活躍

『SSSS.GRIDMAN(2018)』の最終話・「第12回 覚醒」にて、現実世界のアカネの部屋に登場しました。

実写を見るに、カラーはイエローですね。

SSSS.GRIDMAN 現実世界のアカネのイヤホン

タイトルとURLをコピーしました