【オーオタから借りたモノシリーズ】第3弾 NICEHCK NK10 – 小室奎のブログ

【オーオタから借りたモノシリーズ】第3弾 NICEHCK NK10

このコーナーも第3弾となりました。

本日も活け花さん(https://ketuike4645.hatenablog.com/)からお借りした中華イヤホンのレビューをしていこうかと思います。

今回、レビューするのは NICEHCK NK10 です。

BA(バランスド・アーマチュア)ドライバーが10基搭載されており、

価格は3万を超える高級イヤホンとなっています。

日本のアマゾンだと約4万円で売られています。

海の向こうにある阿里巴巴(アリババ) の AliExpress だと3万で購入できます。

10BAの多ドラで5万以下というのが購買意欲をそそります。

「10ドラでコスパが良さそう」とみるか、「ドライバーなどの部品が安物を使っていそう」とみるかは意見がわかれるでしょう。

さて、肝心の音について述べます。

片側10BAで左右合わせて合計20基もあるのに、低音が相変わらず出ていないです。

それに加え、NK10は音がこもっています。

さらに乾いているので、聴いていて楽しくないですね^ー^

解像はするので、そこがプラスファクターです。

さらに欠点として、大多数のひとがDAPの音量を上げると思います。

NICEHCK HK6 と遜色ないですね。

あと、ソニーのハイブリッドイヤーピースや市販のイヤーピースが、はまらないんですね。

ハイブリッドイヤーピース

ハイブリッドイヤーピース

ノギスではなく定規で測っても、ステムの円形が 6mm あるので、

適合するイヤーピースを見つけるのが難しいです。

ノズルの先が真円でなく歪んでるんですよね。

活け花さんは、スピンフィットにしていたんで、解は多分これです。

SpinFit

SpinFit

NICEHCK NK10 を買うなら、ウエストンやアーカーゲーのイヤホンでいいんじゃないですか^ー^

盲目的にBAドライバーの数で商品を選ぶか選ばないかが分水嶺となりそうです。

この商品のさらにまずい点は、NICEHCK FR12 や NICEHCK SP12 があるため、

少し費用を足せば NICEHCK の最上位が買えてしまうところです^ー^

ちなみにハウジングの重さは、雑に測ったところ、右が5.2g, 左が5.4g でした^ー^

重いですね! ちなみにFR12の方は1グラムも軽いです。

以上の理由から、NICEHCK NK10 はオススメできません。

 

外観は、Unique Melody MAVERICK II (ユニークメロディ マーベリック ツー)をパクったようなデザインです。

筆記体で nicehck とフェイスプレートに書かれています。

ノズルの先です。

「Flagship IEM」と書かれたレーザー彫刻があります。

2ピンでケーブルを接続できるのは嬉しいところ。

群青色や瑠璃色のシェルは、宝石のように綺麗です。

ハウジングの中身が透けてみえるので、

音導管やドライバーが眺められるのはいいですね。

Amazon.co.jp: NICEHCK NK10 カナル型イヤホン 片側バランスドアーマチュア10基 2Pin リケーブル 着脱式 8芯純銅OFCケーブル付属 旗艦10BA 3.5mmプラグ 耳かけ型 高音質 高遮音性 高解像力 HIFI (2Pin, 銀+青): 家電・カメラ
Amazon.co.jp: NICEHCK NK10 カナル型イヤホン 片側バランスドアーマチュア10基 2Pin リケーブル 着脱式 8芯純銅OFCケーブル付属 旗艦10BA 3.5mmプラグ 耳かけ型 高音質 高遮音性 高解像力 HIFI (2Pin, 銀+青): 家電・カメラ
タイトルとURLをコピーしました