【デュエプレ】これがゴールド帯まで行けるデッキだ! 勝率93% (実質100%)

公式チャンネルでゴールドランクまでの指導している。

マナカーブを気をつけ、勝利までのプランを計画する……王道ともいえる戦い方である。

シールドトリガーははデッキに8枚~12枚入れるなど期待値の指導までしている。

さて、DM(ディーエム)で勝てるデッキというのはどういうデッキだろうか?

このカードゲームでいえることは「攻め」よりも「守り」の方が強いということだ。

攻めるよりも守った方が頭を使わないし勝てる。

試しに、守りに徹したデッキを回してみたら、勝率が93%だった。

基本的には、対戦相手がデッキ切れになるのを狙う。

ときにはシールドを割りにいくこともある。

デュエマスが初めてのひとでもゴールド帯までは、かなり勝てるデッキである。

ゴールドからプラチナまでは、青赤速攻(赤青速攻)を使って戦っていけばいい。

同じデッキを使っていくと使い方や勝利までの勝ち筋を覚えてしまうので弱くなるが、

同じ行動をし続けていけば、確率は収束する。

基本的には、ゴールドランクまで行けばデュエマスが強いひとになると思う。

勝率93%でゴールドランクまで行けた。

負けた試合は電話がかかってきて降参したもので、勝率は実質 100% である。

使ったデッキを紹介しよう。

当然のごとく無課金である。

大型のブロッカーを大量に入れ、除去カードで耐えしのぐというもの。

LOも狙う。LOは、Library Out(ライブラリアウト)の略である。

つまり、相手の山札が尽きるのを狙うのである。

このデッキはアルカディアスが弱点であるが、ゴールドまではアルカディアスは出てこないと思い採用していない。

というより、持っていないので所有している人は入れるといいだろう。

ボルメテウス・ホワイト・ドラゴンは貰えなくなったが代わりに50パックもらえた。

ロスト・ソウルが引けたのはラッキーだった。

ファントム・バイツ

ディーエムでは、パワーが0になったモンスターは墓地に送られる。

アクア・ハルカスや青銅の鎧(ブロンズ・アーム・トライブ)、ミストリエスなどを除去するのに使える。

意外な使い方があり、クリスタルランサーのパワーを8000から6000からにしてアヴァラスやバルキアで倒したり、

二角の超人のパワーを7000から5000にしてバルキアで倒したりできるのは覚えておこう。

9マナあったら、ホーリースパークでタップして、ファントム・バイツでパワーを下げつつ攻撃できる。

青嵐の精霊バルキア

パワー7000なのとアヴァラスの進化元となるので採用した。

このパワー7000というのは重要で、二角の超人やボルメテウス・ホワイト・ドラゴン( BWD )、ツインキャノンと打ち合うためである。

パワー5000のディア・ノークを入れているのは、相手のピカリエを意識したため。

ピカリエとはクエイク・ゲートを使われても相殺になる。

デス・スモーク

アンタップ状態の二角の超人などを倒すため。

5マナチャージのときにファルイーガを出す場合は、タッチかデス・スモークを墓地から手札に戻すようになる。

暁の守護者ファル・イーガ

デーモン・ハンドやロスト・ソウル、ゴースト・タッチ、デス・スモークを使い回すカードとして採用した。

このカードは相当強い。

ちなみにパワーが4000もあるのでシールドをブレイクしに行くときもある。

精霊王アヴァラス

シールドを追加でき、ダブルブレイカーを持つパワー7000のモンスターである。

ピカリエやこれにもいえるが、こちらのデッキ切れには注意すること。

進化してもすぐに攻撃をせず、相手の山札の枚数や手札の枚数を見て攻撃するか判断する。

天空の守護者グラン・ギューレ

クリスタルランサーを倒したり、デュアルファングの攻撃を防いだりする。

単純にパワー9000が強いので採用した。

ラ・ガイル

ボルメテウスや二角の超人などのパワー7000ラインを倒せるパワー7500である。

エグゾリスにも殴り負けない。

かなりマイナーなカードだがボルコン対策になるかもしれない(実際はクエイクで倒される)。

ロスト・ソウル

このデッキの切り札というべきカードである。

ファルイーガで使いまわしもできる。

ディアノークが1枚で良かったり、翡翠樹やファントムバイスの枚数を増やしたりした方が良い気がする。

スワンプワームとかはノリで入っているので、まだまだ改善の余地があるだろう。

ちなみに二角の超人を連打されると、結局はこちらのリソースが切れて負けると思うので有利とはいえない。

タイトルとURLをコピーしました