ライトノベル

『ようこそ実力至上主義の教室へ』

いま連載しているライトノベルで1番面白いのは間違いなくこれです。

これさえ読んでおけばいいです。

超高校級ってコトバがありましたけど、

登場人物が優秀すぎて海外からの留学生みたいですよ。

アニメはゴミなので見なくていいです。

そもそも、原作ラノベのアニメは広報プロモーション(PV)に過ぎないと考えているので^-^

見てください。このかっこいいプロモーションビデオ。

綾小路君のかっこよさ。

今の中高生は読んだ方がいいですね。

Youkoso Jitsuryoku Shijou Shugi no Kyoushitsu e trailer pv

『学校を出よう!』

ハルヒの作者・谷川 流の作品です。

超能力者を集めた学園での群像劇になります。

ハルヒより面白いです。

ちなみにハルヒ同様に未完です。

大人になってから読んでは残念ながら遅いですね。

アマゾンのプロのレビューも絶賛です。

上等。シリーズ

ライトノベルというものを突き詰めて考えた場合、

「上等。シリーズ」になります。

これに勝てるラノベはないんじゃないかな。

『聖剣の刀鍛冶』の作者です。

終盤のゆかりちゃんの性格が違うというか、

もはや別人ですが気のせいでしょう。

高校時代に読まないとダメな作品ですね。

フルメタル・パニック!

『つづくオン・マイ・オウン』からの展開はヤバいですね。

高校時代にテスト期間中に読みました。

読了までに1週間程度かかりました。

90年代終盤を舞台にしたロボット作品です。

短編集も面白いので読んでください。

アニメのふもっふは短編集を抜粋した内容です。

アニメしか見ていない人はもったいないと思います。

この作品も大人になってから、読むのはオススメできません。

高校時代に読みましょう。

マテリアルゴースト

生徒会の一存シリーズの作者・ 葵せきなの作品です。

感動したのに内容を覚えていないです。

『冴えない彼女の育てかた』

美少女ゲーム・『ホワイトアルバム2』をリライトしたような内容です。

主人公の安芸 倫也くんは、

影が薄い加藤という女の子をノベルゲーム作品の主人公としてプロデュースした後、

ゲームサークルを立ち上げます。

消費豚からクリエイターになる様を描いています。

まさしく、「冴えない彼女の育てかた」なのですが、

実は高校入試ときから出会っており、試験の手助けを加藤がしてくれたようです。

読み返すと、主人公が加藤に操られていることが如実にわかるでしょう。

文章の結びで、確か、「加藤の手のひらで踊らされていた――」となっています。

16時間程度で読めるので土日を利用して社会人の貴方も読んでみては。

ソードアート・オンライン

バトルロワイアルとベイカーストリートの亡霊の影響を受けたと思いきや普通に面白いですね。

カットしても問題ない巻がありますが。

アニメは1話だけ見て感覚を掴んだ後、小説を読むといいでしょう(まさしく、アニメはPVです)。

オーディナルスケールだけはアリシ編に入る前に Blu-ray で見るといいと思います。

作者の筆の立った文章から展開される物語に感動して泣きました。

WEB連載版との違いは、整合騎士が50人ぐらいいたのが少なくなったのと、

アスナとキリト君のオフパコのシーンがカットされています。

追加されたのは、アリシゼーション終盤のアスナのマザーズロザリオのシーンぐらいでしょうか。

200年生きて王になったキリト君と記憶を消したキリト君の2人がいますね。

良く覚えてないけど。

最近になって新刊が出て、転校生がやってきました。

魔法科高校の劣等生

いまは、世界の強豪と戦うみたいな内容になってます。

物語のラストでお兄様は魔法能力を失うのでしょうか?

君の膵臓をたべたい

なろうですけど、泣けましたよ^ー^

タイトルとURLをコピーしました