『恋獄の都市』

『HELLO WORLD(ハローワールド)』らしさがありますね。

インスパイアされたのでしょうか。

野崎まど著 『HELLO WORLD』 メモ
野崎まどの作品は、『2』や『バビロン』などを読んでいて、 アニメーション作品では、『正解するカド( Kado: The Right Answer )』が面白かった。 『アムリタ』から『2』までのシリーズをアニメ化すれば人気になる...

『恋獄の都市(れんごくのとし)』は、5巻で完結するので読むのにはいいですよ^ー^

ジャンルは脱出ゲームやデスゲームに分類されるのでしょうか?

よくわかりませんが。

俺っちはやりませんけど、『景の海のアペイリア』も同じようなジャンルっぽいのでやってみては?

景の海のアペイリア
シルキーズプラス オフィシャルウェブサイト。景の海のアペイリア。

「ハローワールドモノ」ってカテゴライズすることにしましょうか。

こうした設定が頭に入っているとすんなりと話を受け入れられるので、

人間の既視感というものはすごいのかもしれません。

恋獄のヒトの精神を捨て、AI に代替するってのにはゾッとしましたが。

先に、『恋獄の都市』のを読んだ人は、ハローワールドに既視感を感じる……。

物事には順序が必要なのかもしれませんね。

???「同じ地獄でも……そうだな……向こうには『恋』があるんだ」

タイトルとURLをコピーしました