群馬ガラス工芸美術館 ナンシー派 – 小室奎のブログ

群馬ガラス工芸美術館 ナンシー派

このサイトは一応、ハイカルチャーとサブカルチャー(ポップカルチャー)の対立をテーマにしていますので、

いちおうハイカルにも触れておきます。

群馬県市川市渋川にある群馬ガラス工芸美術館です。

ロゴのGは、群馬の頭文字GとガラスのGなんでしょうか?

かっこいいですね^-^

休館日が水曜日で不定休になっています。隣接するショップは入場料いらずです。

銀粘土を使ったシルバーアクセサリーなどのワークショップも開かれているようです。

公式ホームページを学芸員の方に見せると入館料が100円引きになります。

群馬ガラス工芸美術館

館内は撮影禁止です。撮影不可ですので、入り口のステンドグラスぐらいしか写真が撮れません。

その昔、アール・ヌーヴォーという芸術運動が流行ったらしいですね。

曲線を基調とし、草虫・花鳥(キノコ、ブドウ、とんぼ、かえるなど)といったジャポニズムの影響を受けたそうです。

のちにシンプルな絵柄のアール・デコというのが流行ります。

「アール・ヌーヴォー」の様式は、日本のアニメや漫画にも見受けられますのでオタクには馴染みがあるでしょう。

ゼロ年代後期のCGアイコンのデザインと2012年ぐらいからのフラットデザインみたいですね^-^

ウェブ業界で流行しているフラットデザインの利点と欠点
Windows 8のUIやGoogleのアイコン、Appleの新しいiOS7、さらにはFirefox 23のアイコンにまで使われているフラットデザイン。そんなフラットデザインがインターネット上で流行しているのかどうか、このデザインの特長は一体どういった点なのか、ということを実際にウェブ業界で働くプロ100人に対して調査...
《アール・ヌーヴォー》 → 《アール・デコ》

展示室の壁にはミシャが貼ってあり、ガレやドームなどの展示が目を引きます。

電気ガラスランプが多いですが、ガレが1886年から制作した家具の展示もあり、皆さんもご存じの有名なとんぼテーブル(1900)があります。

エミール・ガレが1900年のパリ万国博に17点出品した家具のひとつ、とんぼが脚になっている机です。

galle Les Libellules - Google 検索

1930年頃のアールデコの作品も1点ぐらいありましたよ。

館内は小規模なのは否めないですが、わかりやすく展示してあります。

また学芸員の方の解説がとても丁寧です。

タイトルとURLをコピーしました