劇場アニメ『竜とそばかすの姫』の所感

序盤の母親の死は、銀河鉄道の夜のオマージュだ。

???「もう駄目だめです。落ちてから四十五分たちましたから」

赤の他人を助けることの自己犠牲の是非が問われている。

宮沢賢治 銀河鉄道の夜

この作品のテーマは「母性」だ。

マグカップが欠けていることは、家庭における母性の欠落を示唆する。

幼馴染の男子が主人公を見ているのも母性の現れだ。

竜の城にある、顔がない肖像画は母親の不在だ。

 

もっとも、城自体が「シャドウ(影)」であるが。

これは『少女革命ウテナ』でも使われたことであるし、

目新しさはないかもしれない。

出典:山中康裕 著『絵本と童話のユング心理学』

出典:山中康裕 著『絵本と童話のユング心理学』

現実の容姿、真の姿を仮想世界であばくことを作中では「アンベイル」という。

主人公はアンベイルされ、アバターの衆人環視のなかで歌う。

「衆人環視」は、SNS, 村社会の置き換えである。

すすり泣き、応援する姿や集団の合唱からは、とてつもない母性を感じる。

これは、村社会もアンベイルされたということだ。

監視社会や村社会( SNS )に対するアンサーである。

「誰かが見ている」「誰かが見守る」というのが母性の本質であると作品が訴えている。

 

『竜とそばかすの姫』は『美女と野獣』『オペラ座の怪人』を随所にオマージュしたにせよ、

それらのカウンターである。

主人公の住む限界集落は閉鎖的な封建社会の象徴である。

男性にコントロールされる女性の解放や封建社会からの脱却……作中の言葉ならアンベイルといっていい。

趣きとしては、ウテナや生存戦略であるともいえる。

 

DV を受けている少年の家まで行き、

少年を救うというのが終盤であるが、

この行動は、主人公の母親と重なる。

「殺されるかもしれない」という恐怖もある。

DV 夫に暴力を振われるが、

顔に血を流しながらも、

毅然と、ヒロイックに、立ち向かう。

ちなみに、DV 夫は、主人公をアンベイルした自警団の金髪だろう。

 

夢想的かつ牧歌的な U も現代社会と変わらない。

メイクをする、仮面を付けるという行動は、

U の舞台に立つのと同義である。

現代社会にも、作品のいう母性があると思う。

 

サマーウォーズでは、

インターネットの誰とでも繋ぎ合える強みを

村社会の絆だと解釈してみせた。

戦国時代の戦となった文化や SNS の絆を活かして、

テレビゲームの強敵と戦うといった明るいところが爽快だった。

時が経ち、竜とそばかす姫は、

SNS の負の面、監視といったマイナスとなるものを、

母性だと表現したところである。

 

俺っちとしては、サマーウォーズより好きですね^ー^

あと『 U 』って曲がいいです。

同じくメタバースを舞台にしたハローワールドよりもいいですね^ー^

劇場アニメ『HELLO WORLD』は観てはダメ。小説の『HELLO WORLD』を読もう。
小説の『HELLOW WORLD』を読んではいました。 先日、劇場アニメの『HELLOW WORLD』のほうを観ました。 小説のほうがいいですね^ー^ アニメ映画のハローワールドを観るなら、 パクリといっていい『恋獄...
タイトルとURLをコピーしました