Z-208PRO レビュー

色温度 5000K の NEC シーリングライト を買ったので、

電気スタンドも LED にしようと思いました。

選んだのは、山田照明の Z-208 PRO です。

ゼットライトは、蛍光灯の時代から評判が良く、

「 LED であっても良いだろうな」と思ったからです。

温故知新、格物致知です。

この際だから、自分の身の丈に合わない、

良いモノにしようと思いました。

外箱は、家電でよくある、

デザイン代をケチったやつです。

イラレでつくったようなやつですね。

アルマイトの色は黒にしました。

まぁ、黒色しかないんですけどね。

Z-208PRO と Z-209PRO の主な違いは色温度です。

Z-208PRO が 5000K (昼白色)で、

Z-209PRO が 6500K (昼光色)になっています。

ハイエンド電気スタンドである Z-LIGHT のダンボール箱です。

A, B, C, D, E, F, G …… X, Y, Z の “Z”  です。

最強を目指すということです。

だから、究極なのですね。

部屋のシーリングライトが 5000K なので、

Z-208PRO にしました。

製品は組み上がっています。

アームの照明を日本で初めて作ったメーカーが山田照明です。

クランプで机に取り付ける方式です。

取り付けも簡単です。

1分以内に終わります。

すごい便利ですね。

これぞまさに、デスクライトといった感じです。

光の色も綺麗です。

目に優しいですね。

平均演色評価数 Ra97 と、高演色も謳っていますし(平均なので数値が低い色もあります)。

普通の人は、口には出さないだけで、

良いモノを使っていると思いました。

ただ、この製品には欠点が1つあります。

写真のように、シェード(セード)の右にあるスイッチで明るさを調整します。

1から7までの明るさを選べるようになっていて、

7が一番明るく、1が最も暗いです。

コイル鳴きというかインバーター鳴きというかモスキート音というか、

キンキンとノイズがするんですよね^ー^

しかも、3番や4番など番号によって音が違います^ー^

明るければ明るいほど、

コイル鳴きがしなくなります。

まぁ、明るさが最大の 7 であっても音がするんですが。

7 だと明るすぎるんですよね^ー^

まっいっか^ー^

延長コードで電源を取ったばあいでも、

コンセントに直挿しでも変わりませんでしたね^ー^

PWM ではないのでしょう。

余談ですが、俺っちの手は油っぽいので、

酸化しそうですね^ー^

布手袋が必要かもしれません。

ちなみに、あえて、

EIZO(エイゾ、ナナオ) のほうを買ってみたんですが、

OEMではなく、山田照明の製品と同じでした^ー^

EIZO ダイレクトで買っても山田照明のモノが届きます。

Z-208PRO-5000K となっているのが EIZO のモノです。

ちなみに、消費電力は 19W となっており、

山田照明のラインナップの中だと、

とりわけ高いですね。

だからなのか、LED でも熱が伝わってきます。

モデル比較|Z-LIGHT
http://www.zlight.net/product/comparison/

参照:http://www.zlight.net/product/comparison/

こういった理由からなのか、

蛍光灯と比べ、

消費電力は、ほとんど変わりません^ー^

現在は廃盤ですが 20 形の蛍光灯を装着できる、

Z-208 をどこからか探してきて、

演色 AAA 且つ 5000K の蛍光灯を挿したほうがコスパも色もいいです。

手間をかけられるなら、蛍光灯のほうがいいと思います。

 

定価2万5千円の LED 電気スタンドを真顔で買った男になったわけです。

プロフェッショナル(製品や作品を介してカネを稼ぐひと)向けな作業灯ですが、

ホームユースであったり、テレワークや在宅勤務であったり、

そうした用途に、Z-LIGHT(Zライト)は使えます。

取り扱い説明書

Z-208PRO の良い点

  • 色温度が 5000K 固定である。
  • 演色評価数 Ra 97を謳っているため、色が綺麗である(数値が弱い色もある)。
  • 机全体を照らせる。
  • 電源スイッチやアームなど、ユーザービリティを考えた設計である。

Z-208PRO の悪い点

  • 演色 AAA の蛍光灯には及ばない。
  • コイル鳴きやインバーター鳴き、モスキート音といった異音がする。
  • 消費電力が 19W と蛍光灯並みに高い。
タイトルとURLをコピーしました