『生徒会の周年』 感想 – 小室奎のブログ

『生徒会の周年』 感想

生徒会の一存シリーズ10周年記念として発売された『生徒会の周年』ですね。

1年ぐらい前に、『生徒会の周年』を読んで、泣いてしまったんですね。

なんか懐かしくて泣けたんですよね。

思い出してきて泣けたんですよね。

真冬ちゃんの「表面上の関係を築きたい」とか。

まぁ、話を覚えてないけど。

ちなみに、杉崎くんとくりむさんは付き合っているみたいですよ。

杉崎くんが「くりむ」って呼んでました。

???「今日が《特別》でも、ましてや《最後》なんかでも絶対ない。これからもきっと何度だって訪れる――私達の《日常》の一幕、なんだからさ」

もう、卒業してるけどね。

仮に生徒会シリーズが今やっていたらどうなっていたんでしょう?

今は自分のことを褒めてくれるヒロインが流行りだからどうかな^ー^

タイトルとURLをコピーしました