スタックス SRS-3100

SR-X MK-3 というスタックス( STAX )のイヤースピーカーがある。

そのサウンドは日本刀に例えられ、

40年以上前の製品なのにとても音が良い。

 

現代では、SRS-3100 というシステムが売られている。

イヤースピーカーの SR-L300 と アンプの SRM-252S がセットになって売られているものだ。

一説によると、アンプだけは中位のグレードにしたほうが音は良いようである。

スタックスは、値段が高くなればなるほど歪むのか音が悪くなる。

つまり、敢えてエントリーの機種を買うのが正解だ。

SR-L300 | STAX
Electrostatic Audio Products

SR-X MK-3 と SR-L300 の音の差異はほぼない。

SR-L300 のほうがサウンドは現代的な気がする。

時代ごとにスタックスの音があるだろう。

SR-X MK-3 は40年使えるので、

SRS-3100( SR-L300 + SRM-252S )のシステムは、

2060年まで使えることが想定される。

メーカーで修理もできるので保守性も良い。

タイトルとURLをコピーしました