1万以下のイヤホンでは、OSTRY KC06 が最強 – 小室奎のブログ

1万以下のイヤホンでは、OSTRY KC06 が最強

ワイヤード(有線)でU1万クラスのイヤホンの選択に困ったことはないだろうか。

1万以下では、OSTRY KC06 が解である。

オストライという中国のメーカーで、

1万どころか5000円ぐらいという最強のコスパである。

インピーダンスが16オームなのもポイント。

では、家電批判を開始する。

 

紙箱ではなく箱にデザインを施してある。やる気を感じる。

紙にウレタンを貼り付けてある。意気込みを感じる。

保証は1年ある。

改造をしない限り対応してもらえそうだ。

ポーチに加え、イヤーピース、クリップ、耳にかけるイヤーフックが付属する。

昨今ではめずらしい耳掛けしなくて良いのも特筆すべき点である。

外観である。写輪眼と中国の雲を足して2で割ったようなデザインだ。

ドライバーにカッパークラッドアルミワイヤー(CCAW)が使われている。

D型なのにBAみたいな音である。特に高域がきらびやかである。

ドラムの音は雑で細かいところは雑である。

Hi-Fiではないけどロックなイヤホンが欲しい方にはオススメだ。

ちなみにKC06Aはオススメできない。無印 KC06 がオススメである。

KC09なるモデルが出たが KC06 と比べ、倍近い値段がする。

聴いたことはないが、似たような音だと思われるので KC06 を2つ買った方がいい。

1万を超えると RHA MA750 があるので、KC09を選ぶ必要はないだろう。

業者のひとが感動していたイヤホンでもある。

タイトルとURLをコピーしました