PT3 の思い出

PT3 というチューナーを持っていた。

端的にいうとコピーガードを介さない「 TS 抜き」ができる^ー^

EDCB や TVTest などのソフトを使うと、

PC がたちまちレコーダーになるわけだ。

俺っちはキモオタクにあげたが、

キモオタクは使っていないらしい(音信不通・梨のつぶて)。

ちなみに PT3 は町工場みたく、手作業で作られていたらしい。

今現在、入手するとなると新古にかかわらず3万はするだろう。

 

ストレージには、拡張子 .ts のファイルが1テラほどあるが、

いらないので全て捨てようかと思う^ー^

 

で、適当にザッピングしている。

たとえば、話の内容すら覚えていない『銃皇無尽のファフニール』のデータがある。

番組内容(あらすじ)も丁寧に記録されてある。

7年越しに出会えたわけだが、捨ててしまった^ー^

走査線の数は1080本(1125本)でインターレースだとか、

キモオタ向けの情報も満載である。

『空戦魔導士候補生の教官 』というラノベアニメのデータもあった。

なかなか面白く、原作も読んだ記憶がある。

もちろん、内容は覚えていない。

絵を見ればわかるとおり、キャラデザはキディ・ガーランドの堀内修である。

ちなみに、スクリーンショットのキャラクターはレクティたそである。

つまらないアクエリオンロゴス(漢字)もあった。

アクエリオンは EVOL が1番面白いと思う。

潰れたジーベックがクレジットされてあった^ー^

当時のシーズンのアニメは大体網羅していて、

どんなオタクとも話せるようにはしていた。

しかし、あるとき「別にオタクと話す必要はなくね? 自分が好きな作品だけ見れば良くね? オタクきもっ」と思ったので、

その日から自分が好きな作品しか見ないようになった。

こうした自己完結の追求――格物致知は大切だ。

俺っちは、さらに強くなった。

自分の考えに浸るのもいいのではないか?

そもそもオレっちはキモオタじゃないし。

ズーマーズは倍速再生をやるようだが、

4話を同時に再生をして後から頭の中で順番を組み変えるだとか、

アイドルアニメならライブシーンは飛ばすだとか、

映像から音声のみを取り出して音声のみをきくだとか、

原作を先に読んでおく「予習」だとか、

あらゆる「いにしえのテクニック」が存在する。

俺っちが考案した枝葉末節は切り捨てる「話数カッティング」もそうであるし、

あえて、無音でみる「音無し」もそうである。

2話同時に見る「並列再生」の歴史は古く、

ブラウン管( CRT )の時代からテレビを2台並べて行っていたようだ。

 

かつて「美少女動物園」などと呼ばれたものは、

ブイチューバーに変わった。

今はダイバーシティの時代なので、

自分が好きなものを好きなようにやるだけでは駄目だ。

「相手の好きなものを好きだと思う気持ちを好きだと思う気持ち」こそが重要なのだから。

 

コマーシャルも律儀に録画されてあり、

ギミレボだとか。

今となっては誰もやっていないラブライブのスマートフォン向けゲームの CM などがあった。

あと、デスノートのドラマの録画があった^ー^

このように色々あったが全て捨てることにした^ー^

タイトルとURLをコピーしました