パラパラが流行った理由 – 小室奎のブログ

パラパラが流行った理由

車を運転するときは、ユーロビート(euro beat)……つまり、パラパラを良く聴いていますな。

こういった曲は、曲調が単調なのがいいですな。

転調が激しい曲は聴き入ってしまう弱点がありますな。

また、冗長で飽きてくる弱点もありますな。

そのため、長時間の運転となると、

このような曲は向いていないのですな。

それに対し、パラパラで使われるような曲は、

一定のビートを刻み続けますな。

エンドレスに続くループ音源のような感じが、長時間の運転のお供に最適なのですな。

好きなのは、知人からもらったCDの中にあった、

『Never ending love』という曲ですな。

これは、「Never ending love euro beat」でインターネット検索をかけないと出てこないと思いますな。

前置きはこれぐらいにして、

本題のパラパラが流行った理由ですな。

これは、俺っちが行った現代視覚文化の調査ではっきりとしていますな。

ダンスが下手でも踊れるから。

振り付けも楽なので、適当にやっても大丈夫なんですな。

そのため音感がなくても大丈夫なんですな。

一般人がクラブで踊るに適したダンスだったのですな。

タイトルとURLをコピーしました