レシートを管理する箱

仕切りがついた適当な箱や什器を用意します。

どんな箱でもいいですが、箱の空間を仕切ってください。

使い方を説明します。

レシートや領収書はもらい、捨てずに財布に入れておきます。

帰宅したら、何も考えずにレシートをこの箱に入れます。

あくまで一例ですが、

「スーパー・ドラッグストア」「100均」「コンビニ」といった風にラベリングしておくと便利です。

マスキングテープに項目を書いて貼るといいでしょう。

食費といった項目で雑にカテゴライズすると、

ツメ切りなどの道具と食材がレシートに混ざってしまうことが往々にしてありえます。

なので、良く行く店ごとに仕切りました。

また、「その他」という項目を用意しています。

あまり行かない店は、「その他」の枠に入れるようにしています。

食券や電気料金、チケットなども、「その他」に入れるといいでしょう。

外食で食券がない場合は、紙切れに店名と金額を書いてブチ込みます。

レシートを財布にためておくと後から分類するのが面倒です。

外国で、パンパンにレシートを入れたサイフを使っていたら、

「オマエとは友達だ」といわれました。

話が逸れました^ー^

なので、その都度、レシートを箱に入れる習慣が重要ですね。

家計簿を書いて精算しても大抵のひとは見返しませんからね^ー^

「紙ベースならではの検索性に乏しい点」や「ソートができず、何を買ったのかわかりにくい」などが理由をして挙げられます。

スプレットシートやアプリで管理するの方がまだいいと思います。

箱にあるレシートを月末にチェックすると、

「どこの店に行っているのか?」とか「何を買っているのか?」「どの店をひいきにしているか」などがわかります。

PDCA  ( Plan, Do, Check, Act ) サイクルを回せるとともに QOL  (生活の質)が高まります。

そもそも、箱にいれたレシートをチェックするのが面倒な気がします^ー^

やっぱり、電子で管理するのがいいのかもしれません。

追記

一ヶ月ではなく、1週間毎にレシートはチェックしたほうがいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました