ブルーフレンド – 小室奎のブログ

ブルーフレンド

第19楽章「ブルーフレンド」より第15楽章「子供たちの夜」の方が泣けましたけどね。

『ラーゼフォン』を観ようと思っている人は観た方がいいです。

俺っちのオススメするアニメのひとつですよ。

さて、ブルーフレンドといえば、「アヤトクンサヨナラ」でしょうか。

フランスの国旗を背景に、綾人君と朝比奈が立っているカットです。

青色には朝比奈で赤色には綾人君が立っています。

血の色が青色は「ムーリアン」です。

赤色は人間ですね。

そう、「人間なのか」「ムーリアンなのか」がわかる名場面になっているんです。

このとき、トラックの喧騒によって朝比奈のセリフがかき消されてしまい、

朝比奈は「ボンゴレが食べたいな……」と愛想笑いをしています。

ですが、綾人君は朝比奈が「ムーリアンだと告白したこと」は知っているんです^ー^

それから何度もムーリアンだと告白しようとしますが思いとどまるんですね。

???「私は人ではないのでしょうか? だから私の血は青いのでしょうか?」

調子に乗って色々と書いてしまいましたが、こんなことは考える必要はないのですよ。

『ラーゼフォン 時間調律師』という小説に出渕 裕さんのインタビューがあります。

普通に観てほしいんですよ。普通に観て感じて、感じたことがたぶんその人のすべてで、その作品のすべてになってくると思うんで。

タイトルとURLをコピーしました