キモオタでもできる! ジンジャーエールの作りかた – 小室奎のブログ

キモオタでもできる! ジンジャーエールの作りかた

畑でショウガがとれたんで、自家製のジンジャーエールを作ろうかと思います^ー^

レシピとして下記の2つのホームページを参考にしましたが、面倒なところは全て無視しました。

ホームメイドジンジャーエール
ホームメイドジンジャーエール すっきり、スパイシー!
ジンジャーエール

レモンやローリエなどの硬葉樹は、バイオームの観点からみても日本にはないのでシカトしました。

これらを踏まえたレシピがこれになります。

加熱時間は20分でやりましたが、10分の方がいいです。

  • 畑でとれた生姜:230g
  • きび砂糖:75g
  • 水:500ml
  • シナモンの粉末:雑にふりかける
  • 炭酸水:適量
  • はちみつ:大さじ(15g)2

今回はしょうがないので上のレシピになりますが、

こっちの構成の方がいいと思います。

加熱時間:10分

ショウガ:200g 砂糖:75g  水:200ml シナモンの粉末:雑にふりかける 炭酸水:適量

ショウガのシロップをつくり、炭酸水で割るスタイルをとります。

では、ジンジャーエールを DIY していきます。

手始めに、ショウガを雑に切りきざみます。

斜めに切るのが一般的だと思いますが知りません。

ハサミでもノコギリでもカッターでも構いません。

ショウガにはコブみたいなのがありますね。

大豆でも枝豆でもいいんですが、引っこ抜いてみると根粒がありますよね。

ショウガにも窒素固定する根粒菌がいると思いきや豆だけなそうですよ。

以上、豆知識でした^ー^

Before

生姜 しょうが

生姜 しょうが

After

きび砂糖です。50g ぐらい入れました。

シナモンの粉末です。

雑にふりかけましょう。

なくてもいいと思いますが、はちみつを入れました。

後々、わかったのですが、入れなくていいです。

これらを全て投入してから、火にかけます。

加熱は20分やりましたが、10分でいいです。

網でこして、シロップを抽出します。

自作したショウガのシロップです。

あとは、炭酸水で適当に希釈すれば完成です。

もったいなかったので、しぼりカスのショウガをミキサーできざんでいれましたが、飲みづらいだけでしたね^ー^

最初からスライスしておけば、見栄えもいいので、みなさんが手作りするときには綺麗に薄切りにしましょう^ー^

タイトルとURLをコピーしました