【オーオタから借りたモノシリーズ】第9弾 Dodocool DA134 – 小室奎のブログ

【オーオタから借りたモノシリーズ】第9弾 Dodocool DA134

活け花さん(https://ketuike4645.hatenablog.com/)から借りたオデオレビューも今回で最後になります^ー^

dodocool DA134 というUSB-DAC のレビューになります。

スマートフォンは、USB-OTG を介して USB デバイスを使えるのはご存じですよね?

これを使えば、スマートフォンの DAC を使わずに外部の高音質な DAC (オーディオD/Aコンバーター) を使えるんです^ー^

しかも、DAC チップは日本製(旭化成エレクトロニクス株式会社)ですよ。

AK4430ETが使われているそうです。

分解能は、104÷6で約17ビットなので人間にとって必要十分です。

Android は、 24ビット 48KHz までしか出力されない^ー^?

いいんだよ。わかんねーから^ー^

Dodocool DA134 Hi-Res USB-C to 3.5mm - Unboxing & Review
Dodocool DA134 Hi-Res USB-C to 3.5mm - Unboxing & Review Accessories

ビットパーフェクトで使用するためアプリは、

USB Audio Player PRO を使います。

これは、USB Audio Recorder PRO というアプリをオデオの用途に特化したものです。

USB Audio Player PRO - Google Play のアプリ
USB DACで対応している全てのサンプルレートも再生でき、32bitのオーディオ再生にも対応した超高音質メディアプレイヤーです。 wav、flac、mp3そしてDSD等、多くのファイル形式に対応しています。USB Audio Player PROはAndroid上でのオーディオ再生を超越します。 特にハイファイ・オー...

T5 のドライバーでこじ開けれる仕様です。

Type-C で接続できます。

イヤホンまでつなげてみました。

ハイレゾ(Hi-res)シールがついているので、24ビットで再生できます。

ハイレゾシールは手に入るので、いざとなったら貼ればいいんだけど^ー^

音はいいです。

俺っちは、オーオタではないのでハッキリいいますが、

ぶっちゃけ、SHANLING M3s よりいいですね。

ただ、USB-DAC でポータブルオーディオをやるには問題があるんですよ。

Type-C で繋げているのにエラーが起き、いきなり大きな音が出たり、音が途切れたりするなどの問題点があるんですよ^ー^

これは USB-OTG のつなげかたを工夫するといった努力が必要です^ー^

このように、かなり上級者向けですが、コストパフォーマンスは最強なのでやってみては^ー^

AKなんたらってチップの DAC ならハズレがないですよ^ー^

ちなみに最初からこれをやると、ポータブルオーディオをやるのが滑稽に思えてくるので、

携帯音楽プレイヤーを買ってから、ポタアンを買って、それから……、と、順当にステップを進めると感動します^ー^

使いづらくて、DAPを使うことになりますが^ー^

PCでもつかえますが、IBM互換機のマザーボードは音がいいモノが多いので、使わなくなりましたね。

ラップトップならいいんじゃないでしょうか。

Mac は、Core Audio もあるし、いらねえかな^ー^

利便性などを追求するなら、DAPを持ち歩くといった考えになりますが、

冷静に考えると、Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ を介したiPhoneのフォンアウトでいいですよ。

Amazon.co.jp: eSynic 192kHz USB C to 3.5mm 変換 アタプタ 16-120Ω AK4452チップ Android 5.1 ios10対応: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: eSynic 192kHz USB C to 3.5mm 変換 アタプタ 16-120Ω AK4452チップ Android 5.1 ios10対応: 家電・カメラ
Amazon.co.jp: Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ
Amazon.co.jp: Apple Lightning - 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ
タイトルとURLをコピーしました