狙われるオタク。

ラッセンの絵を売る、「エウリアン」や版画と称してカラーレーザーの絵を売る某所など、

秋葉原にいるボッタクリ商法の連中は、あの手この手でオタクを食い物にしてきた。

レントゲン画法のラッセンではオタクの食いつきが悪いので、

ポップカルチャーの女の子の絵も売ることにしたのだろう。

これは、連綿と続く「伝統芸能」である。

ところが、最近は歯止めが効かなくなり、

日に日にエスカレートしているというのだ。

歌舞伎町より怖い…いま、秋葉原が「ぼったくりの聖地」になっている!(週刊現代) @gendai_biz
「現代ビジネス」は、第一線で活躍するビジネスパーソン、マネジメント層に向けて、プロフェッショナルの分析に基づいた記事を届ける新創刊メディアです。政治、経済からライフスタイルまで、ネットの特性を最大限にいかした新しい時代のジャーナリズムの可能性を追及します。

「秋葉原ジャンク通り」からKFC(ケンタッキー)あたりまでは、

メイドに扮した女性のキャッチが多く、

オタクがよく引っかかっている。

客引きの女性を無視するのも面倒であるが、

俺っちは、しかとのプロである。

もちろん、メイドと会話しているオタクも多いが^ー^

これらは1000円程度なのでかわいいものだが、

なかには数十万を請求してくる業者がある。

 

???「メイドカフェ、どうですか?」

???「マスク、同じ色」

???「ねー」

 

オタク向けの「版画」を売りつける某店をご存知だろうか?

イラストレーターが描いた女の子の絵を売りつけるわけだが、

前述の通り、版画ではなくレーザープリンタでコピーされたものである。

シルクスクリーン版画ではない。

これらの版画は噂によるとイラストレーターに許可をとることなく、

勝手に印刷されたものもあるとか。

 

???「どの作家さんが好きですか?」

???「やっぱり、てぃんくるさんですね。『マテリアルゴースト』を読んだことありますか? いいですよねー、マテリアルゴーストは。あと、カーネリアンさんとかも好きですよね。顔月の鈴菜、かわいいですよね」

???「……」

 

イーゼルにかかった額入りの絵を、

したり顔で鑑賞しているキモオタが散見される。

ここで学べることは、絵を正面から見ては駄目だということ。

ライトを絵の正面の方向に照らしているのは、

まっすぐな視線で絵を鑑賞させるための誘導だ。

ギャラリーが暗いのは、絵の状態や品質を保つのためではない。

美術館然とした雰囲気をつくるためであり、

印刷だとバレないようにするためのトリックである。

横もしくは斜めから絵を見るとレーザープリンタで印刷されたものだとすぐにわかる。

ちなみに、この絵は33万ぐらいするらしい。

値段がおかしくないか?

モニタで鑑賞した方が高精細かつ高画質で良いと思う^ー^

それか、コンビニで画像ファイルを印刷して壁にでも飾っておけ^ー^

イラストにフィルタをかけて印刷し、

額縁に入れて飾ってもいいかもな^ー^

もっとも、一般人は、こんなヤバいところには行かないがな。

ちなみに、真のオタクはコンテンツを消化するのに忙しいため、

秋葉原に行く暇などないし、休日は家から一歩も出ない。

そもそも、秋葉原はオフィス街なんだが^ー^

『冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム』 第3巻

『冴えない彼女の育てかた 恋するメトロノーム』 第3巻

タイトルとURLをコピーしました