『イエスタデイをうたって』

『イエスタデイをうたって』という作品をご存知だろうか?

冬目 景という作家が描いた漫画である。

大学を卒業したが主人公はフリーターになり、

高校を中退した野中 晴(のなか はる)と出会う。

野中 晴は、大学受験の際に受験票を拾ってもらった伊達眼鏡の少女であった。

大学の友達の森ノ目 榀子(もりのめ しなこ)に思いの丈を打ち明けるがなんやかんやあり……。

1998年から不定期で連載していて2015年ぐらいに完結した。

物語の終盤ではスマートフォンが登場している。

P.A.WORKS は『true tears』で、イエスタデイを見事にインスパイアし、

野中 晴と似通った、石動 乃絵という天真爛漫なキャラクターを生み出した。

後に、P.A.WORKS は『色づく世界の明日から』という青春群像劇の傑作を作り上げている。

長期連載なものだからキャラクターだって成長する。

十年一昔である。

榀子は1巻のころに比べると別人だし、主人公だってそうだ。

漫画としての絵柄は、3巻ぐらいまでが好きである。

ニヒリズムのような作風が世紀末と相まって良かったと思われるし、

フリーアルバイター(フリーター)がブームだった、一時代を描いている。

???「近頃、社会を自由形で泳ぐ奴らがいる!」

 

もちろん、時勢を踏まえ、主人公は就職するし、

晴も主人公も禁煙している。

主人公と榀子は交際することになるが別れる。

主人公は、こういっている。

「こうあるべき自分ていうのがオマエ(榀子)の中にあって、それに当てはめようとしていたんだ。俺たち似たもの同士だったんだ」

榀子は別れ際に、「まだ友達でいてくれるよね?」と言っている。

1巻で、「あたしね……男と女で親友になれるとしたら、魚住くんはかなり近い線だって思ってたんだけど……」とも言っていた。

最後のシーンでは、満開の桜を見ながら歩く榀子の姿が描かれている。

夏になって冬になり、また春が来るのである。

彼らの物語はずっと続いていくのだから。

 

作中に興味深い台詞がある。

「室生犀星の詩に、『ふるさとは遠きにありて思ふもの』ってのがあるじゃない。それに近い心境かな。帰りたいけど、もう僕の帰る場所じゃないんだ」

学校や会社をズル休みしたときや日曜とかに読むのがオススメだ。

タイトルとURLをコピーしました