床が斜めの家にいると、どうなるか – 小室奎のブログ

床が斜めの家にいると、どうなるか

俺っちは床が斜めの家に住んでいます。
大家に「床が斜めなんですが」って訴えました。
「本職の大工がつくったんだから問題ない。黙ってろ。まぁ俺が住むわけではないが」って退けられました。
田舎や限界集落の本職とかいうのはあてになりませんね。

自分の人生をもって痛感しました。

「ピーチクパーチク騒ぐな。神経症なんだよてめぇは」って思いますよね。

気泡管を見てください。センターから外れているどころか、上に向きまくってますよ。

これは、めっちゃ斜めってるってことです。

こういう部屋だと、何がやりずらいのか、できないのか書きましょう。

まずPC作業ですね。床が斜めなので、机を置いても斜めです。

キーボードやマウスの操作がやりずらいです。

平らにしようと机の脚に木の板を置いて角度を調整しても、

床に傾斜があるため椅子の脚も調整しないといけません。

ローラーがついている椅子だと無理ですよね。

つまり、DIYでは対策不可能です。

ちなみに、コピー用紙や木片、単語カードは傾斜の調整にかなり使えます。

1枚1枚積み重ねて調整できる点は、木の板よりも良いです。

新聞は虫が湧きそうなので試していません。

※理想とされるVDT作業環境

引用:Google 画像検索より。

 

書き物や勉強はやらないけど床が斜めぐらいならなんとかなるでしょう。

いちばんは、寝ずらいですね。

勾配がついているため、丘の上で寝ているような感覚です。

あと、三半規管がおかしくなるような気がするのでめまいや頭痛がしますね。

なぜか肩こりもする。

健康への影響もかなりあるかもしれない。

家にいると具合が悪くなるって引きこもれないじゃんってなりますね。

皆さんも賃貸を選ぶときは床に気をつけましょう。

家を建てるときは、細心の注意を払ってください。

床が斜めの家や部屋は、健康被害がヤバイです。

空き家・空き地バンクで田舎や限界集落への移住を考えているひとは、

家の傾きや床の傾きに気をつけた方がいいです。

昔の家屋は平気で斜めだし、地盤沈下している可能性がたぶんにあります。

パチンコ玉やビー玉をコロコロ転がしている場合ではないです。

これは本当に気をつけた方がいいです。

フラットな床に住めるってかなり幸せなことかもしれないです。

まぁ費用が高いから、自分で改良しろってことですかな^-^

タイトルとURLをコピーしました